ブライトエイジ化粧品の美肌成分、ココに注目!

ブライトエイジ化粧品の美肌成分、ココに注目!

 

 

エイジングケアにオススメの

 

製薬会社が開発した基礎化粧品

 

ブライトエイジ化粧品」。

 

 

ブライトエイジは、

 

多くの方に支持されている、注目の商品ですが

 

どんな成分を配合しているのでしょうか。

 

 

ブライトエイジ、

 

人気の秘密を見ていきましょう!

 

 

独自成分「トラネキサム酸」

 

ブライトエイジの独自成分

 

「トラネキサム酸」は、

 

美白に効果があると言われている

 

有効成分です。

 

 

トラネキサム酸は、

 

年齢肌炎症によって出てくる

 

炎症性物質を防ぐ効果があり、

 

肌の乾燥、くすみ、ハリ低下を

 

おさえる働きを持っています。

 

 

年を重ねるごとに、

 

肌の明るさがなくなり、

 

くすみを感じるようになっている方に

 

ピッタリの成分なんです。

 

 

たくさんの保湿成分

 

ブライトエイジには、多くの保湿成分が

 

配合されています。

 

「アーティチョークエキス」

 

「イシゲエキス」「パチンテチン」

 

「ヒバマタ」「マリンエスラチン」

 

「コラーゲンミックス」など、

 

あまり見聞きしたことのない

 

美容成分もたくさん配合されています。

 

 

角質層を潤すNMF成分

 

皮膚の一番上の層にある角質層。

 

わずか0.02ミリほどの層の薄さですが、

 

活動停止中の20層程度の細胞が重なっていて、

 

その細胞の間にNMFがあります。

 

 

この成分は、

 

角質層の水分がなくならないよう、

 

大切な働きを持っているんです。

 

 

NMFは天然保湿因子とも言われ、

 

水分の吸湿性と保湿性が秀でていて、

 

角質層の水分保持機能を担う、

 

とても大切な成分なんです。

 

 

実は、

 

肌の調子が悪いと感じる時は、

 

このNMFの成分が減って、

 

肌の異常をきたしていることがあるんです。

 

 

細胞間脂質

 

NMF保湿成分と同じように、

 

角質層の水分保持機能を担う

 

大切な成分である「細胞間脂質」が

 

配合されています。

 

 

ブライトエイジには

 

「細胞間脂質保湿成分」が配合されていて、

 

角質層にしっかりと水分を

 

届けることができます。

 

 

細胞間脂質もNMFと同様、

 

角質層の細胞間に位置しています。

 

 

細胞間脂質保湿成分は、

 

細胞の水分の蒸発を防いで、

 

水分を保持する役目を持っていますが、

 

加齢によって、

 

NMFと細胞脂質は減っていまい、

 

肌がカサカサになりやすい状態に。

 

 

NMF保湿成分と細胞間脂質保湿成分は、

 

そんな時に大切な働きをしてくれます!

 

 

 

 

 

たっぷりの美肌成分で作られている

 

「ブライトエイジ化粧品」。

 

 

肌の老化を感じている女性に、

 

ぜひ試してみてほしい商品です!

 

 

興味がある方は、

 

下記リンクより、詳細を確認してみてくださいね。

 

 

最安値はトライアルキット!送料無料!ブライトエイジ公式